東京 派遣看護師

保育園で感染症が流行るシーズンは園内ではどんな感染対策が取られていますか?

保育園では、感染症が流行する時期があります。

 

とくに、冬場のインフルエンザや、感染性胃腸炎は、爆発的に流行しやすいですね( ;´Д`)

 

また、水疱瘡などの、子供に多い感染症も気をつけなくてはなりませんね。

 

感染症の多くは、飛沫感染です(´・Д・)」
保育園において、飛沫感染の予防って難しいですよね。
子供は、泣きますから、飛沫感染を起こしやすいですね(・_・;

 

感染症対策として、うがい、手洗いは必須です(´・Д・)」

 

感染症流行時は、マスクを着用し、園児にも励行します。

 

保育士は、園児を抱っこしたり、顔を近づけて話をしたりしますよね。
保育士が咽頭にウイルスをつけていると、他の園児にも感染させてしまうため、しっかりと感染症対策が出来ないと、園内蔓延につながります(;´Д`A

 

インフルエンザ流行時は、アルコールによる消毒を徹底します。
手指消毒や、テーブルやイスの消毒をアルコールで行っています。

 

感染性胃腸炎の流行時は、次亜塩素酸による消毒を行います。
とくに、吐物、汚物は感染源になりますから、処理する際も、慎重に行います。

 

オムツ交換の際も、一回ごとに手洗い、消毒を行い、感染症の予防に努めます。

 

子供の場合、下痢の場合漏らして、衣類や床を汚してしまうこともあります。

 

そういった場合も、適切な感染症対策に基づき処理します(´・Д・)」

 

保育士が、日頃から感染症対策を徹底して行えるよう、定期的に勉強会を開いています_φ(・_・

 

保育士の感染症対策が適切でないと、園内の蔓延を招きますから、感染症に対する知識と、感染症対策の手技を身につけることが大切なんです。

 

こまめな換気や、湿度管理なども感染症対策として大事です。

 

また、保健だよりなどで、家庭での注意喚起も必須ですね(^o^)